かなっぺ横浜・川崎版
かなっぺ相模版
本日のネットチラシはこちら
トリプルコート
パチンコ店チラシ
緑区のお天気神奈川県東部(横浜)のお天気
緑区のお天気神奈川県西部(小田原)のお天気
 


2017.07.19(水)

小ネタ情報部

相模川流域の自然と文化に触れよう。平塚市博物館のご紹介。  



平塚市の市境には、神奈川県の水源のひとつである相模川が流れています。

平塚市博物館では、平塚だけにとどまらず、相模川流域の自然と文化をテーマにさまざまな展示を行っています。
相模川流域の自然や歴史を探ることで、幅広い視点から地域の”今””これから”について考えてみませんか?



図書館と同敷地内に、道路を挟んだ向かいには美術館があります。


1階と2回の展示室では、相模川の恩恵を受けた人々の暮らしや地形の成り立ち、相模湾の生き物などについて
紹介しています。
1976年の開館以来集められた資料や模型を通して、相模川流域の様子を詳しく知ることができるでしょう。

子供向けの展示ガイドもあり、楽しみながら学べる工夫がされていますよ。



目を引く仕組みの施された模型が興味をそそります。


3階はテーマがガラッと変わり、天文・宇宙についての展示やプラネタリウムがあります。
プラネタリウムでは何種類かの投影番組が放送されており、意外と知らない惑星や星の実態を知ることが
できるかもしれません。

そのほか、星空の観察など申し込み制のワークショップも定期的に行われているので、ぜひ参加してみて
ください!



プラネタリウムがメインですが、一部展示もありました。


平塚市博物館へは、JR平塚駅の北口から徒歩で約20分、もしくは神奈川中央交通バスで最寄りバス停から
徒歩約3分です。


<ひとくちMEMO>
平塚市博物館がある文化公園には、国鉄最大の蒸気機関車である「D52型蒸気機関車」が展示されています。
この機関車は、長きにわたる任務を終えたあと文化公園に移されました。
博物館に足を運んだ際にはぜひご覧になってくださいね。



緑に囲まれた文化公園に、堂々存在します。信号機も本物?
  • image1