かなっぺ横浜・川崎版
かなっぺ相模版
本日のネットチラシはこちら
トリプルコート
パチンコ店チラシ
緑区のお天気神奈川県東部(横浜)のお天気
緑区のお天気神奈川県西部(小田原)のお天気
 


2017.04.24(月)

小ネタ情報部

化石や岩石好きにはたまらない!神奈川県立生命の星・地球博物館  




箱根登山鉄道入生田駅前にデーンと構える神奈川県立生命の星・地球博物館

入り口では、白亜紀の恐竜チンタオサウルスと、同じく白亜紀の巨大魚クシファクチヌスの骨格標本がお出迎え!
館内は「地球を考える」「生命を考える」「神奈川の自然を考える」「自然との共生を考える」の4つのゾーンに分かれていて、それぞれ鉱物や動物、植物、化石などの実物標本を目にすることができます。

とくに、たくさんのアンモナイトの化石がちりばめられた「アンモナイトの壁」は圧巻ですよ。



小さな子は大きな恐竜たちにビックリです


ほかにも、本物の隕石や動植物の実物標本が図鑑状に収められたジャンボ・ブックなど、
多彩な展示品が自慢の博物館です。
これだけの展示資料が取り揃えられているのは、全国的にも珍しいのだそうですよ。

はく製や化石だけでなく、いま生きている生き物についてのイベントもさかんに開かれています。
昆虫観察水辺の生き物ウォッチングなどを、博物館の学芸員さんの解説を聞きながら楽しむことができます。



建物の外観もカッコイイです


 <ひとくちMEMO>
化石の代表格として当博物館でも人気のアンモナイト。
巻き貝のような殻が特徴ですが、実は貝の仲間じゃないって知ってました?
イカやタコと同じ頭足類で、近縁種とされるオウムガイは箱根園水族館で目にすることができますよ。


《「神奈川県立生命の星・地球博物館」公式ホームページはこちら 》
  • image1